自分らしく働く
2018.10.04

海外で「ノマドワーカー」になるために必要な11のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BY Philly

最近よく耳にする「ノマドワーカー」という働き方。なぜ今世界的に、ノマドワーカーのような暮らし方に魅力を感じる人が増えているのでしょうか?

それは、多くの人々が、現在の仕事に不満を持っているからです。アメリカでは労働者の半分以上が仕事に不満を感じていますが、日本でも大差ないでしょう。多くの人にとって、今の人生は不満の塊なのです。

ノマドワーカーになれば、オフィスに縛られることなく働けます。もっと言えば、世界中を飛び回りながらでも生活費を稼げます。本記事では、海外でノマドワーカーになるために必要な11か条を紹介します。

ノマドワーカーってどんな働き方?

ノマドワーカーは、勤務場所を自由に選べる働き方をしている人を指します。カフェでパソコンを開いて長時間作業をしている人が、一番身近なノマドワーカーです。

「ノマドワーカー」には、フリーランスやテレワークをしている会社員などが含まれるでしょう。勤務場所をコロコロ変える働き方ができる仕事は、それほど多くはないと思います。例えば電気工事士のような、ある特定の場所でないと仕事ができないような職業だと、ノマドワーカーにはなれません。

ノマドワーカーが広まった背景には、所得の格差が関係しています。日本でも所得の格差は縮まるどころか、ますます拡がる一方です。所得を上げるためには、働き続けなければなりません。しかし、終身雇用に代表されるような「一生ひとつの場所で働きつづける」というスタイルが、働く人にとっての大きなストレスとなっていることもまた事実です。そのようなストレスや不満感が、ただでさえがんじがらめの日常生活に、さらなる負担をかけています。通勤ラッシュの満員電車に揺られ、毎日同じ場所で働く。このような生活を心から楽しんでいる人は、そう多くはないでしょう。

こうした理由によって、多くの働き手が、遠く離れた世界の都市を歩き回り、生活し、そして遊びながら働くという新しい生き方を選び始めています。とはいえ、家族を養わなければならないといった事情がある人は、生活に見合った収入を得られることが必須条件になってきます。

それでも、ノマドワーカーの生活は魅力的です。あるときは南国のビーチで、あるときは世界有数のメトロポリスの中心で、またあるときは豊かな自然環境のなかで、生活の全体的な質を向上できます。ここでいう「生活の質」とは、ストレスフリーで豊かな経験がたくさんできるということです。

ノマドワーカーについての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

ノマドワーカーとは?|メリット・デメリットやおすすめノマドワークを紹介

海外でノマドワーカーになるには

海外ノマドワーカー独特のライフスタイルを受け入れるための具体的なヒントと秘訣があります。まずはもちろん、「旅行」であったり、「新しい経験」を好きになることが必要です。それらを好きになれないなら、もしかするとこノマドワーカーにはあまり向いていないかもしれません。なぜならノマドにとっては毎日が新しいことの連続なのです。言い換えれば、生活のなかに不安定さや不確実性が増すということだからです。特に、外国人があまり歓迎されないような地域で活動するならなおさらです。                 

本当に真剣に海外ノマドワーカーとして働く夢を叶えたい。そう思っているのならば、旅に出る決意をする前に、自宅に溜め込んだ本や雑貨など、たくさんの所有物を処分する必要があります。このライフスタイルを実践している人の多くは、元の生活に戻りたいと思っていません。

また、世界中で生活拠点を移しながら生きるのは、なかなか難しいです。あなたがアメリカやカナダ、もしくはイギリスなどのパスポートを持っていれば比較的簡単でしょう。

では、実際にどういったことをやっていけばいいのか? 海外ノマドワーカーになるために、あなたが考慮すべき12のことを以下にまとめました。

その1.借金を減らす、なくす

借金を抱えたまま、世界への旅をスタートさせたいとは思いませんよね。心と体が他の場所にあっても、借金が残ったままでは、どうしようもありません。あなたがノマドワーカーになることを真剣に考えているなら、最初にすべての借金を減らして減らして、できればなくしてください。自分の肩に背負った重荷は、可能なかぎり、軽くしてからスタートするのがポイントです。

その2. SIMフリーの携帯電話を手に入れる

特定の通信事業者に縛られずに使える携帯電話、SIMフリー携帯電話を購入します。あなたが本当の「ノマドワーカー」であるなら、国境を越えて使用できる電話が必要になります。一度も他国に住んだことのない人は、携帯電話会社に携帯をロックされている可能性があることを知っておく必要があります。日本でも最近はSIMフリーの携帯が普及しつつありますが、まだまだロックのかかった携帯電話が主流でしょう。

SIMフリー携帯電話でなければ、他国の電話会社から提供されたSIMカードを入れても動作しません。この問題を避けるために、移動中にそのつど現地で携帯電話ごと購入する必要がないように、電話機を交換、またはアップグレードしておきましょう。

その3. Skypeの通話転送サービスを利用する

Skypeの番号を使用すれば、世界中のどの電話機にも通話を転送できます。また、Skypeの番号はほぼすべての市外局番で利用できるため、ローカル番号を取得し、プライマリの番号として使用することで、旅行中でも任意の電話機に転送することができます。これは、必要なときに、必要な人からの連絡を確実に受け取るために重要な作業です。

その4.信頼できる旅行保険に加入する

旅行にトラブルはつきもの。頻繁に移動する「ノマドワーカー」は、問題が起きる可能性も人一倍です。そこでまずは、旅行保険に加入していることを確認してください。

旅行保険が有効であるかぎり、発生する緊急事態や健康関連の事故発生時にサポートを受けられます。覚えておいていただきたいのは、ヘルスケアはもっとも重要なことだということです。すべての国が、日本と同じ種類の医療制度を持つわけではありません。

特に有名なのはアメリカです。アメリカでは、保険に入っていない状態で医療サービスを受けると、本当に信じられないほどの金額を請求されてしまいます。レントゲンを取っただけで8000ドル(!)も取られた、なんて話も。ぜひとも、行く予定の場所で有効な保険に加入することを忘れないようにしましょう。

その5.現在の住まいを売る、貸し出す

あなたがノマドワーカーになることを真剣に考えているなら、持ち家を売ったり貸したりしなければならないでしょう。あなたが不在にしている間、家賃を払い続けるのはどう考えても無駄です。元々実家暮らしなら場合は大丈夫ですが、一人暮らしの場合、あるいはパートナーと共に暮らしているような場合は、それぞれの状況に応じて、住まいをどのように処分するか、あらかじめ決めておく必要があります。

その6.収納ユニットを手に入れ、すべての持ち物を移動する

最近は「ミニマリズム」といったような言葉もよく聞くようになりましたが、「捨てられない」人はまだまだ多いはず。ノマドワーカーを志すなら、ある程度、自分の持ち物をあきらめることも必要になってくるでしょう。

自分に必要のないもの、しばらく使っていないもの。こうしたものはすべて、フリーマーケットや「メルカリ」などを使って売ってしまいましょう。近頃はアプリの普及もあって、持ち物を売るのが格段に楽になっているので、どんどん利用していきましょう。

「これだけは譲れない」と思う愛着のあるものは、厳選したうえで、レンタルルームや貸し倉庫に預けましょう。レンタルルームは6ヶ月や1年といった単位であらかじめ賃料を払うことができるため、移動中に心配する必要もなく大変便利です。

その7.ペットの面倒を看てくれる人を見つける

「ノマドになりたいけど、うちにはペットがいるからなあ……」そう思っている人も多いかもしれません。しかし、ペットを連れて世界中を旅しているノマドワーカーだってたくさんいます。ただ、検疫や予防接種など、その国での規制上の問題に対処する必要があります。

日本にペットを残して行く場合、長期的にペットのケアをしてくれる人を見つけなければなりません。間違っても途中で「捨てる」なんてことのないように。

その8.国際手数料のないクレジットカードを作る

多くのクレジットカードでは、購入とATM引き落としに対して国際手数料がかかります。何かを買ったり、お金をおろしたりするたびに手数料がかかると、手数料だけで大きな支出になってしまいます。

海外では「キャッシュレス」が当たり前。なので、たとえばアメリカンエキスプレスカードのように、国際手数料のかからないクレジットカードを持っておくことは非常に重要です。無駄な出費を抑えましょう。

その9.旅先の人々とネットワークを構築する

couchsurfingnomad listFacebook Groupsなどのウェブサイトを使って、旅行先の人とネットワークを構築しましょう。見知らぬ地域の文化に慣れるというのは、多大なエネルギーを使う行為です。現地に到着する前に、その地域と、そこに住む人々と知り合うことはとても重要です。現地に住む人たちは、Googleの検索で見つけることができないような大切なヒントを与えてくれるかもしれません。

その10.どこでも収入を生み出す方法を見つける

さてさて、お金を稼ぐ方法が必要です。いくら海外ノマドワーカーになるために勢いよく海外へ飛び出したところで、先立つものがなければ始まりません。長期的に海外ノマドワーカーとして活動するためには、安定した収入がないと頼りないですよね。

収入を得るには、FiverrUpwork、その他のフリーランスサイトなどのサイトをまず利用してみることをおすすめします。あなたがもし英語を話せて、英語圏以外の国を訪れる予定なら、現地の人たちに英語を教えて稼ぐこともできます。また、自分自身の経験を基にしたノウハウを電子書籍として売る方法もあります。オンラインコースを作成する方法、安定的な収入を得るのに役立つ方法など、多くの人が知りたい内容であれば、たくさん売れるかも。

その11.現地へ到着する前に住宅を見つける。

現地に到着する前に、滞在できる場所を確保しておくこと。これも大変重要です。滞在場所を確保するといっても、不動産で物件を借りるだけがすべてではありません。

ホステルに滞在する、知り合いの家のソファを「サーフィン」して回る、Airbnbでレジデンスを見つける、あるいは長期的に物件を借りる……などなど、選択肢はたくさんあります。大事なのは、「現地へ到着する前に」手配を済ませることです。まずは「一時的に」「とりあえず」滞在できる場所を見つけるのがいちばんいいでしょう。その後、気に入ったエリアが見つかれば、長期的に住めるような場所をゆっくり探せばいいのです。

 

本記事で紹介した11のステップを順番にこなせば、あなたも海外ノマドワーカーになれるはずです。一見めんどくさいようにも見えますが、案外やってみれば簡単(借金がない、という人ならステップ1は飛ばせますよね)。テンポよくこなして、海外ノマドワーカーとして遊びながら働いてみませんか?

最終更新日
2019.04.02

新卒・中途採用 "バイリンガルエンジニア" 募集中!

IT未経験から英語を生かすバイリンガルエンジニアへと、挑戦する方を募集しています。

募集要項はこちら