自分を知る
2018.07.19

Webライティングのダメ文を劇的改善する2ポイント 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BY media

あなたはWebライティングで求められる文章を知っていますか。知らずにWebライターと名乗っていませんか。

Webサイト、ブログやSNSでの集客に文章は必要不可欠。企業広報やメディアがWeb媒体での集客に注目していることもあって、Webライターの需要が高まっています。

Webライターの需要が高まっているから簡単に稼げると思ったら大間違い! ダメ文を書き続けていると、いずれ仕事がなくなるでしょう。継続してWebライティンングの仕事を確保できるよう、Webで求められる文章を書けるようになりましょう。

Webライティングあるあるダメ文集 ~改善点を添えて~

hands wresting the sheet of paper and making paper ball after mistake during writing

Webライターと名乗っている人でも書きがちなダメ文を集めました。改善点も併せて紹介します。

分かりやすく読みやすい文章を書かないと、読み手はすぐ「戻る」ボタンを押してしまいます。あなたはブログで文章を書いた時「伝えたいことを全て書けた」と自己満足していませんか。Webでは読まれない文章は存在しないのと同じ。本章で紹介するダメ文と自分の文章を見比べてみましょう。

主語が行方不明

主語がない文章は本や新聞でも見られます。しかし、読み手がすんなりと理解できる文章には主語が必要です。

ダメ文

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアは協力して仕事を行います。データベースやサーバの設計や開発をするので、高度な専門知識を習得する必要があります。

ダメ文の2文目の主語が行方不明です。誰がデータベースやサーバの設計や開発をするのか? データベースやサーバの知識が求められているのは誰?

改善文

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアは協力して仕事を行います。フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアのうち、バックエンドエンジニアはデータベースやサーバの設計や開発をするので、高度な専門知識を習得する必要があります。

主語を追加しました。これで「誰が」という疑問を持つ人はいないでしょう。

主語の挿入漏れは、執筆時に意外と気づけません。執筆し終わったら必ず読み直す、一晩寝てから翌朝チェックする、といった対策をしましょう。

主語述語のねじれ

主語と述語は必ず対応させます。主語と述語が対応していないと、何が言いたいのかさっぱり分からない文章になってしまいます。

ダメ文

Earth TechnologyはIT未経験の人をインフラエンジニアに育てていますが、システムエンジニアやWebエンジニアも育成していて、キャリアアップの支援も行なっていると定評があります。

自社で自社の定評をするのはおかしいですね。あってはならない間違いです。ダメ文例は短い文章なので、間違いに気付きやすいでしょう。しかし、長く複雑な文章だと主語と述語の距離が離れていて、執筆者は間違いに気付きにくいです。

改善文

Earth TechnologyはIT未経験の人をインフラエンジニアに育てる会社です。〇〇通信によると、Earth TechnologyはシステムエンジニアやWebエンジニアも育成していて、キャリアアップの支援も行なっているとのことです。

これで主語と述語の対応が取れました。主語述語のねじれは、あらぬ誤解を生むこともあります。納品や記事公開の際は念入りにチェックしましょう。

「もの」「こと」「もの」「こと」…えっ? 何が言いたいの?

「もの」や「こと」を文章に多用すると、主張したいことがぼやけてしまい、読みづらい文章になってしまいます。早速ダメ文例を読んでみましょう。

ダメ文

最近話題のAIですが、どういったものか具体的に知らない人が多いのではないでしょうか。AIとは、人工知能と呼ばれているものです。AIの利点を享受するには、まずAIとは何かを勉強することが重要なことだと思います。

「もの」「こと」が多く、くどくて何を言いたいかが伝わりません。玄人のライターでも、上記のようなダメ文を書きがちです。クライアントによっては、「もの」「こと」の多用を字数稼ぎと判断します。

改善文

最近話題のAIについて、具体的にどのような技術なのか知らない人が多いのではないでしょうか。AIは、人工知能の略です。AIの利点を享受するには、まずAIとは何かを勉強すべきだと私は思います。

文章がスッキリしました。削っても意味が変わらない言葉は積極的に削りましょう。

1文が長い

難しいテーマについて記述するときに、1文が長くなりがちです。Webライティングでは、誰にとっても読みやすく分かりやすい文章を書くことが重要。自分が理解できるからOKと思ってはダメです。

ダメ文

透明な飲料を飲料メーカー各社がこぞって発売するのは、従来の色付き飲料に不満があってこそであり、マーケティングの結果そのような不満を解消する術として透明な飲料を発売するに至ったのでしょう。

長い、かつ複雑ですね。主語も抜けています。今までのポイントのおさらいも含めて、改善してみましょう。

改善文

飲料メーカー各社が透明な飲料をこぞって発売しました。なぜ透明な飲料を発売するに至ったのか、推測してみましょう。マーケティング調査の結果、消費者が従来の色付き飲料に不満を持っていることが分かりました。

「こと」が入っているじゃないか、とお叱りを受けそうですが「多用がNG」です。入れた方が分かりやすい場合は使用しましょう。

「この」「それ」「その」指示語だらけ

こそあど言葉が多い文章を読むと、文脈を捉えるのに時間がかかります。「欲しい情報をサクッと読みたい」という気持ちが強いWeb媒体の読者には、指示語だらけの文章は好まれません。

ダメ文

クラウドコンピューティングという技術は、一般社会に普及しつつあると言えるでしょう。GmailやDropboxがそれにあたります。

「クドいんじゃ!」by C鳥 D悟

「それ」は何を指しているでしょうか、と読者は国語のテストを受けている気分です。

改善文

クラウドコンピューティングという技術は、一般社会に普及しつつあります。GmailやDropboxは、クラウドコンピューティングを利用して提供されています。

事例を挙げる場合は、箇条書きが最もスッキリしていると思います。

改善文2

クラウドコンピューティングという技術は、一般社会に普及しつつあります。

クラウドコンピューティングを利用したサービス例を以下に挙げます。

  • Gmail
  • Dropbox

文章の工夫だけでなく、見せ方もライターの腕の見せ所です。

Webで読まれる記事にする2ポイント

ダメ文をもとに、どのような文章がWebで好まれるかが理解できたと思います。Webでもっと読まれやすい記事にするには、文章の流れも大事です。「結論から書く」「具体的かつ簡潔」の2ポイントを意識するだけで、読まれやすくなる文章をかけるようになります。

結論から書く

Webライティングでは、結論から書くのが鉄則。各見出しの直後には、見出しに対応した結論をまず書きます。

Webの読者はとにかく求めている情報をすぐ手に入れたいという傾向にあります。記事の頭から最後までくまなく記事を読む人は少ないでしょう。大抵の読者は、目次から読みたい章に飛び、欲しい情報があると分かれば読み進めます。

最初の1文、2文で欲しい情報がなければ、読者はすぐに離脱します。Webライティングでは、結論→理由→補足の流れが基本です。

※ここで記載しているWeb読者の心理は、弊社記事の読者の傾向をもとに記載しています。

具体的かつ簡潔

記事の内容に説得力を持たせるため、具体的な内容を記述しましょう。そして、具体的な内容を簡潔な文章で読者に伝えると、説得力がありつつ読みやすい良い記事が出来上がります。

具体的な内容とは、以下のような情報のこと。

  • 統計データ
  • アンケート結果
  • インタビュー結果

政府や国際機関のような、信ぴょう性の高い情報は積極的に利用しましょう。

ただし、引用元の記載は忘れずに!!!

Webライターはとにかく書いて成長あるのみ

woman-working

Webライティングのメソッドを読んだだけで、良い文章・記事が書けるでしょうか。何事もやってみないことには学べないし、身に付かないはず。

Earth Technologyでは、弊社採用サイトに寄稿していただけるライターを募集しています。

こんな人を求めています!

  • SEOライティング、WEBライティングの経験を積みたい
  • 海外の情報を発信したい
  • 外国語(英語、その他)の記事を翻訳し、まとめて日本語で発信したい
  • IT初心者が書くIT入門記事を作ってみたい

英語を使って仕事をしたい!!と思っている若者に役立つ情報を一緒に届けましょう!

コンテンツ内容

英語

ビジネス英語、英語学習法など

IT

初心者向けにITの技術や専門用語の解説

キャリア

転職のコツ、働き方改革について、キャリアアップ方法など

条件

  • WEBライティングに興味がある
  • 英語とITに興味がある
  • メールやチャットで迅速なやり取りができる方
  • コンスタントな原稿執筆が可能な方(月に2本~、字数4000文字~上限なし)

募集人数

若干名

報酬

1記事に対してお支払いします。

1記事:¥4,800

質の高い記事は昇給いたします。

応募方法

下記の情報をmedia’@’tech-earth.co.jp 宛に、件名を「採用サイト:ライター応募」としてお送りください。

  • 氏名
  • 書きたい記事テーマ
  • 月に提出できる見込み記事数
  • ご職業
  • 意気込み
  • 任意提出:執筆済みの記事のURL(ライター経験者)

 

または、Wantedlyのライター募集記事Indeedの求人からご応募をお願いいたします。

皆さんのご応募をお待ちしております!

最終更新日
2018.08.03

新卒・中途採用 "バイリンガルエンジニア" 募集中!

IT未経験から英語を生かすバイリンガルエンジニアへと、挑戦する方を募集しています。

募集要項はこちら